どり〜夢ラ・ン・ド

アクセスカウンタ

zoom RSS 20世紀で時が止まった科学の館

<<   作成日時 : 2017/07/04 20:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

長野市の城山には動物園を始め、市営プールや少年科学センターがあることはご存じでしょうか?

ここは、自分が小さい頃からよく行った安くて、子供が楽しめるスポットだったが、大人になってからもう一度訪れてみたら、そこにはまだ昔の空気が流れていて何だか懐かしかった……

今の時代、科学センターと聞くと最先端のロボットや、拡張現実、バーチャルリアリティーによる遊びを思い浮かべるが、長野市のものはそういった今流行のものはない……

素朴な機械装置を使った実験が出来るが、宇宙の不思議コーナー等も古い資料のままなので、今の常識では通じないようなものもあるかもしれないが、それが今の子供たちの親の世代が学生時代に習った内容なのだ……

大人と子供の世代で時代のずれがあるかもしれないが、親子で楽しむ事で心が通じるかもしれない……

それでも2Fの展示室には、本物のヘリコプターに乗れたり、電車の運転も出来るので、子供たちは大はしゃぎ!

好きな数字を入れて、自動で計算してくれる「天才ロボット」はハイテクなので、大人も納得!

1Fと2Fをつなぐ階段の鏡に;は、自分たちの太った姿と痩せた姿が同時に見れるので、親子で見合って大笑い

1Fの交通ジオラマ模型は、精巧な鉄道模型が走るのでみんなで長野県の鉄道が学べるよ‼

それにしても、ボールプールのある子供の遊び場は、中学生時代のままなので、世代が違う子供が遊んでいるのを見ても懐かしい……

時間制だが、3Dシアターもある……立体的眼鏡で見る古いタイプのものだ……
今は、映画館でも気軽にこの技術を楽しめるのでまだ通じるかもしれない……

一番珍しいのは、プログラム言語で扱うコンピューターだ。
今となっては、ほとんが廃盤で見かけることがなくなったので、まだ現役なのは貴重な存在だ……
プログラムに詳しい人には、面白い珍スポットかもしれない……
画像

しかし、昔は券売機のある入口からおしゃべりオウム⁉のような鳥のロボットに迎えられたものだ……
いつ壊れてしまったか、今となっては本体が撤去された台座だけが空しく残る……
確か彼らはこう言っていた気がした……

「皆さ〜ん!長野市少年科学センターにようこそ!
 ボクは隊長のマスオ、私はフユカで〜す!(2匹)ヨロシク‼
 (隣の券売機で券をお買い求めの上お楽しみ下さい)」↼セリフの最後はうろ覚え(もう20年以上も前の事……)

☝この鳥のロボットは、言葉を話したばかりか、身振り手振りをして動いていたと思う……
当時、子供だったボクは、このささやかなもてなしがうれしかったものだ……


【中古】ホビー雑誌 付録付)鉄腕アトムを作ろう! 1
ネットショップ駿河屋 楽天市場店
発売日 2017/04/25 メーカー 講談社 型番 - JAN 4910242740472 備考


楽天市場 by 【中古】ホビー雑誌 付録付)鉄腕アトムを作ろう! 1 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
20世紀で時が止まった科学の館 どり〜夢ラ・ン・ド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる