どり〜夢ラ・ン・ド

アクセスカウンタ

zoom RSS レトロでユニークな遊園地の人気者「パノライン」

<<   作成日時 : 2017/07/02 16:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

☆何だコレ!顔入りのゴンドラがユニークな「フライングボンバー」 ☆彡
画像

●ある時、ゲームの中に出てきたレトロな遊園地の廃墟で見たこともない面白いデザインの遊具(乗り物)を発見した!それは顔の描かれたゴンゴラが2つずつペアに配置されたものでこじんまりした小さなレトロ遊園地の中でひときわ目立つものだった……。

☆特集☆パノライン(1960〜70年代の製造、ゴンドラ8基、定員32名)

 ・実際の遊園地にある(あった)乗り物でこのようなものはないのか調べてみた結果、一つの答えにたどり着いた。バブル期前後に開園した関東周辺のローカル遊園地には、確かにこのような構造の乗り物が実在していたというのだ。
 この乗り物は、「パノライン」といって、上部の凹の字型ペア軸で2つずつのゴンドラがペアになっていて、2つのゴンドラがシーソーのように交互に上下しつつ、中心軸がメリーゴーラウンドのように横回転(水平回転)するというものであったそうだ。
観覧車ですら、窓ガラス入りのゴンドラは珍しい時代なのに、これは大きな窓ガラス入りのデザインゴンドラを採用したユニークな乗り物だったのだ。しかも、入口のドアは日本ならではの玄関ドアのように引き戸になっていたのである。つまり、ガラっとドアを開けて乗り込む感じだったのだ。   
画像

 ・中心軸を囲んで8つの顔入りゴンドラがある。群馬のカッパピアにあったものを例に見て見ると、ゴンドラのカラーは4色だが、向き合う反対側のものが同じ色で違うキャラだったことが分かる。カッパピアの他にも1980年代のむさしの村や伊豆富士見ランドでも、この乗り物があったという情報はあるが、いずれもこんな感じだったという。古本で偶然手に入れた1986年現在の関東周辺遊園地ガイドでも写真はなかったが、上記の3つの遊園地の乗り物案内の中にパノライン:200〜250円という表記はあったので、その存在は確認できた。
画像

◎ゲームで見たものは観覧車のようにただの丸いゴンドラだったが、実物は耳の生えた動物モチーフだった。 しかも、耳の部分も座った時の天井になっていたので、丸く狭まる観覧車のゴンドラより広く感じたことだろう……。(観覧車と同じサイズと仮定して) 
画像

☆乗り物の全体像はこんな感じ。構造や雰囲気が最初のスケッチと一致した。ネーミングで見て見ると、これがあった遊園地にはフライイングボートというものはあったが、探していたこの乗り物とは違うものだったので却下した。おそらく、ゲームの作者は凹の字型になったペア軸に吊ってあるゴンドラの雰囲気がバクダンに見えたのだろうか?確かに片方だけゴンドラを見るとそう見えなくもないが……。
画像

〈気になる操作盤〉
画像

この乗り物は遊園地の中でもポピュラーな観覧車やメリーゴーラウンドよりも複雑な動きができるらしく、その操作盤には20個以上のボタンが付いていた。上部の大きな四角形の部分は資料ではよく見えなかったが、何らかのメーターだったと思われる。

〈どのような動きだったのか?〉
・2つずつペアになったゴンドラが交互に上下しながら空中で水平回転するとのことだが、簡単にイメージすると空中で回りながらシーソーをしている感じなのかもしれない。

 ☆回転速度やゴンドラの揺れ具合は分からないが、1つのゴンドラの定員が4名でファミリー向けの乗り物ならば、適度なスリルと絶景を味わえる程度で絶叫マシンではないと思った。 

【余談】
・家の棚を見て見ると、この時代を感じさせるデザインのレトロな犬の貯金箱があった。顔の雰囲気はまるで、パノラインの犬のゴンゴラのようだ。大きくて丸い目がコミカルで愛嬌がある。しかも、眉毛まで描かれていたのだ。この頃のキャラクターは子供が親しみやすいように動物もリアルではなく、コミカルなものが多かったことが印象的だった。目の描き方などはその時代に流行っていたアニメや漫画の面影を残していた。

現役時代の写真や動画はないが、廃墟の遊園地でこの乗り物が発見された様子は、ちくまの「廃墟本」に載っていたよ。軸や乗り物の構造は参考になるかも……。
でも、最初にこの乗り物に興味が引かれたのは「フラジール」というWiiの廃墟遊園地〜わいわいランド〜にあった「フライングボンバー」↼乗ることは出来ないが、リアルな3Dの世界で全体像が見れます。しかし、ゴンドラや軸自体の構造は設定が本物よりあまいので、このままでは別に廃墟という設定でなくても実用的ではないかも……

フラジールのゲームは、遂にクリアしました!廃墟探索としては、前半は上記の乗り物が見れる遊園地やホテルの辺りまでは、まるで遺跡のように残っている寂れた雰囲気が良かったが、後半は何だかすごい陰謀に巻き込まれていく展開になり、研究所のような怪しい施設(まだバリバリの現役なので、テーマの廃墟とはかけ離れてしまうが……)まで登場して、結局は主人公がまた一人ぼっちになってしまうというカオスなエンディングにびっくり!しました!でも、このゲームの主題歌やエンディングテーマは、あのテルーの唄で有名な手嶌葵さん!美しい歌声にうっとりで早速、CDも購入し聞き入っています。廃墟と孤独というテーマが伝わる哀愁ある歌声は心に響きます!


総天然色廃墟本remix (ちくま文庫) [ 中田薫 ]
楽天ブックス
ちくま文庫 中田薫 中筋純 筑摩書房ソウテンネンショク ハイキョボン リミックス ナカタ,カオル ナ


楽天市場 by 総天然色廃墟本remix (ちくま文庫) [ 中田薫 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




【中古】Wiiソフト FRAGILE ?さよなら月の廃墟?
ネットショップ駿河屋 楽天市場店
発売日 2009/01/22 メーカー バンダイナムコ 型番 - JAN 4582224496877


楽天市場 by 【中古】Wiiソフト FRAGILE ?さよなら月の廃墟? の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





コレクション・ブルー [ 手嶌葵 ]
楽天ブックス
手嶌葵 【発売日前日お届け無料(一部地域除く)】 ほかCDオススメ情報は⇒ こちらコレクション ブル


楽天市場 by コレクション・ブルー [ 手嶌葵 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
レトロでユニークな遊園地の人気者「パノライン」 どり〜夢ラ・ン・ド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる