どり〜夢ラ・ン・ド

アクセスカウンタ

zoom RSS ペイント3DA〜図形を組み合わせて〜

<<   作成日時 : 2017/08/07 18:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ペイント3Dの機能を生かして今度は3Dモデリングをしてみようと思います。最初から人物など高度なデザインのものはムリなので、まずは図形を組み合わせて作れそうなものに挑戦してみます!
 そこで思いついたのは、遊園地というテーマに合わせて前回、珍しい乗り物があったと紹介した「パノライン」のゴンドラはどうだろうか……と考えたのです。
 今回チャレンジしてみるのは、この犬のゴンドラです。
画像

 まずは、写真を見ながら用意された図形のパーツを少しずつ当てはめながらゆっくりとモデリングをしていきます。
※パーツは、こまめにステップごとに「グループ化」し、回転をかける時は必ず「全部選択(Ctrl+A)」をして選択漏れがないように気をつけてね。
 ゴンドラは丸いので、円筒形を横にして使い、そこに三角形や四角形のパーツをはめていきます。
(この時、全体を選択した状態で3Dモデルを回転させると厚み等が合っているか分かりやすいよ。)
 
画像

※組み合わせたパーツはご覧の通り。複雑な形に見えるが、よく見ると図形を組み合わせるだけでもこれだけリアルに再現出来ることが分かる。

 次に、「マジック選択」で写真から使いたいパーツ(表情や窓など)を抜き出してステッカーにし、3Dモデルに貼り込んでいきます。
※この時、3Dモデルは全てを「グループ化」させて完成させておくと作業がはかどります。
☆これは、このソフトを始めて2日目の作品だが、しっかりと使える機能を応用させることが出来ました!
画像

 3Dモデルが完成したら最後に背景を(ファイル→挿入)し、3Dモデルの位置や角度を調整して作品全体を完成させて出来上がりです。

☆このプリント3Dで作成した3Dモデルは、3Dプリンターで実体化することも出来るそうです。まだまだ価格は高いですが、この技術がが普及してきたら自宅でオリジナルグッズやフィギュアも作れそうですね。それでもCADの知識がなくても誰でも気軽に直感だけで3Dモデルを作成出来るのは夢のようなアプリです。なお、3Dプリントサービスは「DMM.make」でも行えるそうですよ。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ペイント3DA〜図形を組み合わせて〜 どり〜夢ラ・ン・ド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる